”ジールの面接ではいつもラフにリラックスしつつ楽しくお話ができました”

——————————————————————————————

2021年 新卒入社
クリエーティブ職
武蔵野美術大学 造形学部 空間演出デザイン学科 卒業
M.A

——————————————————————————————

<Q> Aさんのことを知りたいので、自画自賛してみてください!

<A>とにかく元気!いつも笑顔です!

——————————

<Q>なりたい自分と、創っていきたいジールの未来を教えてください。

<A>BtoCの案件や自分の好きなものに関連する案件に携われたらいいなと思います。
グラフィックデザインの技術はまだまだなので、日々経験を積みながら、
まずは会社に貢献できるレベルに成長しないとな、と感じています。

——————————

<Q>ジールに入社を決めた理由は何ですか?

<A>『面接が楽しかったから』というのが大きいです。
それまでの就職活動では、リモート面接とリアル面接でのギャップや
社風が自分にフィットしない感覚が常にありましたが、
ジールの面接ではいつもラフにリラックスしつつ楽しくお話ができていて、直感で「ここかな」と思いました。

——————————

<Q>あなたにとって、『情熱を持って創る』とは何ですか?

<A>細部まで丁寧に、自分も楽しんで創ることだと考えています。

——————————

<Q>配属されたチームの印象を教えてください。

<A>配属されたコンテンツデザインチームは主にグラフィックデザインと映像制作を担当しています。
チームは幅広い年代のメンバーなので緊張していましたが、
みなさんからとても優しく丁寧な指導を受けており、日々本当に頼りにさせていいただいております。

——————————

<Q>コロナ禍で、仕事やプライベートで新たに始めたことはありますか?

<A>自宅にいることが多いので、自炊を頻繁に始めました!
大学時代は常に三食を即席麺で済ませるボロボロな食生活をしていたので、
健康的な食事が取れるように頑張っています!

——————————

<Q>こだわりの、もしくはお気に入りの仕事道具を教えてください。

<A>いまは在宅勤務が多いため、デュアルディスプレイを置くための台を自作しました!
ディスプレイが見やすくなり、机も広く使えるようになりました。

——————————

<Q>就職活動のときに、準備していたことがありましたら教えてください!

<A>就活時期がちょうど感染症流行のピークだったこともあり、
OB訪問や見学など外出を伴うことについての準備はできていませんでした。
その代わり、自宅で今まで触ったことのない映像や3Dモデリングのソフトを触ってみたり、
美大だけでなく一般大の友人たちにも、片っ端からポートフォリオを見せて意見をもらったりしていました。

PAGE TOP