”「出会えて良かった」と思えるデザインを創りたい”

—–実際に一緒に働く社員に聞いた、R.Kさんってどんな人?—–

いつも笑顔が素敵です。
おとなしそうに見えますが、デザインへのこだわりと愛情は人一倍強いです!
また、どんな依頼にも笑顔で柔軟に対応してくれるので、とても心強い存在です。

——————————————————————————————

2019年 新卒入社
クリエーティブ職
武蔵野美術大学 造形学部 空間演出デザイン学科 卒業
R.K

——————————————————————————————

<Q>Kさんのことを知りたいので、まずは自画自賛してみてください!

<A>動線への愛は強いです!来場者のためにどんな動線にすれば良いかを企画ではいつも第一に考えています。

——————————

<Q>こだわりの、もしくはお気に入りの仕事道具を教えてください。

<A>iPadでの作業が多くなって紙の使用頻度は減ってしまいましたが、
ぺんてるの『DELFONICS』0.7mmシャープペンは描きやすいので愛用しています。

——————————

<Q>なりたい自分と、創っていきたいジールの未来を教えてください。

<A>「面白い提案が多いからジールに頼みたい!」と言っていただけるようになりたいです。
どこか一部分でもその人の記憶に残るような、出会えてよかったと思ってもらえる提案や空間を、
世に生み出せる人になりたいです。

——————————

<Q>仕事の醍醐味を教えてください。

<A>1つの案件で企画から完成までトータルに関わることができるところに、やりがいを感じています。
完成した空間に実際に訪れた方々の反応を見た時に、この仕事の本当の面白さ、醍醐味を感じます。

——————————

<Q>あなたにとって、『情熱を持って創る』とは何ですか?

<A>訪れた方々に感動してもらえるよう、
自分がデザインをする空間やコンテンツをとことんこだわって考えることです。

——————————

<Q>ジールに入社してよかったと思う点、好きなところはどこですか?

<A>尊敬できる先輩方がいることです。ジールに入って3年目になりますが、
考え方や細かな配慮など、日々勉強させていただいています。

——————————

<Q>あなたの上司や先輩を紹介してください!

<A>皆さん、とても優しいです。自分が間違った方向に進んでいる際には、率直にアドバイスをしてくださいます。
そんな上司に自分もなれたらと思います。

——————————

<Q>どんな学生に入社してもらいたいですか?

<A>遊び心のある人やこだわりがある人は、特に向いていると思います。

——————————

<Q>就職活動のときに、準備していたことがありましたら教えてください!

<A>私はプレゼンが苦手であったため、面接で緊張してうまく話せなかった場合に備えて、
ポートフォリオだけでもちゃんと意味が伝わるように何をどう載せるかという点には留意しました。

——————————

<Q>イベント業界も影響を受け大きな変化があった2020年でしたが、
その中で気が付いたことや考えが変わったことはありますか?

<A>コロナによってデジタル事業部も誕生し、会社として大きく変わったと思います。
精神の根本は変わらずとも、世の中の動向に目を向け、柔軟に対応することの大切さを感じています。
空間内でソーシャルディスタンスが必要になったり、コロナ対策を考えたりと、
人々から求められていることが変わってきているように思います。
私もそのように世間の動きに臨機応変に対応していきたいです。

——————————

<Q>テレワーク勤務で苦労したことはありますか?

<A>チームでの会議中に家のWi-Fi電波が急に不安定になったことがありました。
電波が入りそうな場所へ移動して無事会議に戻れましたが、初めてのことで焦りました。
自宅の環境整備はとても重要だと思いました!

——————————

<Q>コロナ禍で、仕事やプライベートで新たに始めたことはありますか?

<A>毎朝、犬の散歩をするようになりました。
朝早くから外に出て新鮮な空気を吸うと気持ちがリフレッシュでき、
気持ち良く1日のスタートを切ることができます。

PAGE TOP