“驚きいっぱい!夢いっぱい!”

—–実際に一緒に働く社員に聞いた、S.Kさんてどんな人?—–

細かいところまで先回りした心遣いと優しさで、年上の社員や年配の職人たちから絶大な信頼と人気を誇る。繰り出す言葉のバリエーションが豊富かつ独特で
話をしていて飽きません
仕事では細かなところまで気が利く、任せて安心の制作のプロ。

—————————————————————————————— 

2017年 新卒入社
制作本部 制作職 
大正大学 表現学部 表現文化学科 卒業
S.K

—————————————————————————————— 

<Q>記憶に残っているしくじりを教えて下さい。

<Q>新人の頃、大型のバナーを高所に取り付ける現場で、自分の伝達ミスで必要機材が現場に届かないという事がありました。
結果、協力会社の担当の方と新しい方法を模索し、無事に取り付けることができましたが、コミュニケーションの重要性を改めて感じました。

—————————— 

<Q>自画自賛して下さい。

<A>案件で関わる他社の目上の方にも可愛がっていただけます!

—————————— 

<Q>こだわりの、もしくはお気に入りの仕事道具を教えて下さい。

<A>現場バッグです!スケールやカッターなど現場で使用するものをすぐに取り出せるバッグを選びました。

—————————— 

<Q>今、プラベートで夢中になっていることを教えて下さい。

<A>自炊してお酒を飲むことです!!

—————————— 

<Q>なりたい自分と、創って行きたいジールの未来を教えて下さい。

<A>段取り上手で一緒に仕事をする人に対して安心感を与えられるようになりたいです。社員数が増えていく中で、より各部署の連携を強めクライアントが安心して任せられる社内体制をつくっていきたいです。

—————————— 

<Q>仕事の醍醐味を教えて下さい。

<A>複雑で制作期間も長い案件が、会期を迎え、クライアントやエンドユーザーが、感動する姿を見ることです。

—————————— 

<Q>あなたにとって、情熱をもって創るとは何ですか?

<A>人の繋がりを大事にしながら取り組むことだと思います。

—————————— 

<Q>あなたの上司を紹介して下さい。

<A>誰よりも宴会を楽しみ、楽しませ、スベりを恐れず一会議一笑いを提供してくださるSさんという上司がいます。
仕事面では誰よりも真剣に案件に取り組み人望もあつい存在です。
そんなオンオフの切り替えをとても尊敬しております。

PAGE TOP